頑張れ先生!2005
社会体験研修 於:潟Nボタ堺製造所(2005.8.3)

 今年も、先生方の夏期体験研修が実施されました。
 (株)クボタ堺製造所へも3名の先生方が、製造業のものづくりを 体験しようと、この研修に参加されました。
 今年で4年連続となる受け入れ企業として、先生方の会社体験の提供 の場づくりに、研修の目的を的確に把握し生きた研修にするために、勤 労の労務担当者と十分に打合せを行い、3日間の研修で効率のいい体験 研修になるように努力しています。
 参加する先生方の人数が減少しているように思いますが、学校と異な る労働を体験することは大変意義深いことと思いますので、多くの教員の 皆様の参加を希望します。

@石田先生(堺市立黒山小学校)

A田崎先生(堺市立月洲中学校)

実習場所&作業内容

@実習場所:トラクタASライン
  作業内容:ピッキング、部品のサブ組立作業

A実習場所:トラクタAKライン
  作業内容:ステップ取り付け作業

B実習場所:トラクタAMGライン
  作業内容:キャビンのバックミラー組立作業

B柴田先生(堺市立大仙西小学校)
参加された先生方の感想

・今まで教える立場でしか仕事をしていなかったが、今回は作業者の方に、一通り作業ができるまで丁寧に教わり、またその後のフォローもしてもらい、貴重な体験となった。

・生産量の増減、受持ち工程の変化等、毎日めまぐるしく変化する環境に対応するという、「対応力」の高さに驚いた。会社の方針、目標、各自の役割が明確になっているからこそ可能なことだと感じた。

・工場内の、ピッキング棚では部品が整然と並んでいて決まったシステムで仕事が行われていた。学校で指導する時も、5Sを実践して、生徒の躾に活かしたい。