3月2日始まった第67回・堺実業団野球大会も過日の7月20日(日)に無事終了致しました。うだるような暑い一日でしたが、社名を背負う選手の愛社精神と勝負にこだわる選手の情熱は最高に興奮する試合となりました。

A級の優勝戦は大量得点の試合となりました、前半戦でシマノチームが大量リードしましたが、後半戦でツールオカフジが逆転し、接戦の末、久しぶりの優勝に輝きました。
勝負の世界では、最後までどちらが勝利を得るか分からないものです。
2時間20分に及ぶ大接戦を演じてくれた選手の皆様の頑張りに感謝申し上げます。
  チーム名
優 勝 ツールオカフジ
準優勝 シマノ
三 位 庄 八
三 位 阪南病院

A級 優勝  ツールオカフジ
A級 準優勝  シマノ

B級の優勝戦は最小得点差での勝負となりました。
久しぶりに参加して頂きました、日新製鋼チームが優勝されました。
準優勝の大阪労災病院も最小得点差で大接戦となり優勝戦に相応しい好ゲームとなりました。勝敗とは別に今大会の特徴として、上位チームに大阪労災病院、阪南病院と二つの医療関連のチームが準優勝、第三位と結果を残されたことは意義深いことだと思います。
大会期間を通じグランドコンディションの管理から試合の進行にご努力を頂きました審判団の皆様に心よりの感謝を申し上げます。
来年も、多くのチームの参加をお待ち申し上げます。
  チーム名
優 勝 日新製鋼
準優勝 大阪労災病院
三 位 日本伸銅
三 位 宇部興産

B級 優勝  日新製鋼
B級 準優勝  大阪労災病院