頑張れ先生!

毎年行われる、先生方の社会体験研修が今年も8月4日(月)〜8月6日(水)に実施されました。教職に就かれてから10年目を迎える先生方を対象に社会の実態を体験してもらうための研修です。
製造業やサービス業、介護体験や地場産業の実態を学び学校現場での教えに役立てるための研修だと思っています。異業種を体験することは大変重要な事だと考えます。

今年も、大仙小学校の堤先生が(株)クボタ堺製造所の方に研修に来てくれました。
小型の乗用トラクターの生産現場でものづくりを体験され、ライン作業での組み立ての体験、一つ一つの行程が製品性能を大きく左右する事を知り、家族的な雰囲気の中でもものづくりに対するチームワークの良さに感心をしたとの事でした。

特に安全管理については厳しく、躾と同様に安全確保のための多くのルールが決められていて、全員一丸となって無災害への挑戦が続けられているのとの話を聞き、安全に対する意識レベルの高さを感じてくれ、学校での安全確保に役立てたいとの感想を報告してくれました。

研修の中で体験されたことが、学校で活かされものづくりの素晴らしさが先生から生徒に教育されることを祈っています。ご苦労様でした。

堤 佳弘 先生 <堺市立大仙小学校教諭 34歳(S49年生)>


受入れ実習先:
本機製造部本機製造第一課AHKライン
<西川職長/金山班長(作業長代行)>