A級 優勝  大阪刑務所野球部
私たち大阪刑務所野球部は、今大会にて念願の優勝を果たすことができ、大変光栄に思っております。
決勝試合中にはエースのアクシデントがあったにも関わらず、新人投手の好セーブをはじめチーム全体の好プレーによって優勝を勝ち取ることができました。
ここ数年で若手部員が増え、チームの方向性を模索していた中での結果に、皆で蒔いた種が実を結び始めた気がしています。
この気持ちを忘れずますます練習に励みたいと思います。ありがとうございました。【主将 南條】
A級 準優勝  中山三星建材
我々、中山三星建材竃球部は、三星産業時代を含め、歴史あるチームです。
昭和51年を最後に35年ぶりに決勝進出することが出来ました。
残念ながらあと一歩で優勝には届きませんでしたが、大会を振り返ると、一戦毎にチーム全員が勝つ喜びを知り、野球を楽しく感じれていった事が、部員の成長となり、チーム力の向上につながったと思っています。
今後は、この貴重な経験をもとに、更なるチーム全体の底上げをする事により、あと一歩届かなかった『優勝』という新たな歴史を刻める様に、頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。【主将 春田】

B級 優勝  旭精工野球部
旭精工野球部が本大会で初優勝したのは、第10回堺工場野球連盟(昭和26年)の時代でした。そして時は流れ、今回記念すべき第70回大会で優勝出来た事を、チーム全員が喜びそして光栄に思っています。大会を振り返るとサヨナラ勝ちが2戦あり幸運であった事と、最後まであきらめずにチーム一丸となって頑張った結果だと思っています。そして、野球というスポーツの素晴らしさや楽しさを再認識している次第です。
最後になりますが、激変する時代の流れの中で、堺の企業チームが集まり、野球を通じて交流を図る事は大変重要な事だと思います。
大会運営をして下さった大毛理事長を始め、早朝よりグラウンド整備や、試合では的確なジャッジをして頂いた審判部の皆様、事務局のイコマスポーツさんに心より御礼申し上げます。
有り難う御座いました。【監督 井上】
 
B級 準優勝  ダ イ キ ン
第70回・堺実業団野球連盟の記念大会が6月12日に終了いたしました。
伝統と歴史ある大会は、今年も多くのドラマを演出してくれました。小雨模様の中での決勝戦ではありましたが、A級の大阪刑務所と中山三星建材の試合は、昨年度第三位と実績を残された大阪刑務所が、栄誉ある第70回記念大会の優勝チームに輝きました。B級の旭精工とダイキンの試合は、逆転に次ぐ逆転で観客を魅了させてくれましたが、結果は旭精工の頭上に輝きました。
70回という歴史を築かれてきました関係各位と先輩諸氏に敬意を表したいと思います。
継続は力なりという言葉を耳にしますが、スポーツ振興に思いを持って取り組まれた先人たちの思いを継続して頂きました、特に審判団の皆様に感謝と御礼を申し上げます。
また、来年もいい大会が開催できますように、スタッフ一同頑張りますのでどうか宜しくお願い申し上げます。
【理事長 大毛十一郎】