大毛十一郎 汗を流して730日


市政報告をする堺市議会議員 大毛十一郎

 新世紀の息吹をどのように感じていますか! 皆様の、ご支援を頂き堺市議会議員として、満2年を迎えました。
 皆様に公約いたしました行政改革、教育改革、青少年健全育成、スポーツ振興、少子・高齢化等の問題について思いを持って取り組んで参りました。
 2年目は、教育問題を審議する文教常任委員会の副委員長として活動をさせて頂きました。 所属会派は、フェニックス・民主議員団に所属し11名の第二会派として、 活動しています。21世紀を迎えたとは言うものの、長引く不況、派閥政治の弊害 、教育の荒廃、議員の悪行など20世紀の悪さを改善することなく、只、 時の流れだけで、21世紀を迎えたような気がしてなりません。21世紀 は、20世紀の継続であってはなりません、まさに地方の時代です。
 地方議員の力量が問われます。政令指定都市の実現に向けてしっかりとサ ポートしたい。教育改革や地球規模での環境問題にも、子どもや孫のために今しっかりと思 いを持たねばなりません。堺市には、6,843人の正規職員・768人の非常勤・ 807人のアルバイトの方々が勤務しています。総勢約8,400人もの職 員がいるわけです。
 『求同存異』の言葉の如く、みんな堺市をよりよい町にしたいとの思いは同じなのです。 堺市の方針が決まれば、職員は率先垂範で進めるべきです。
 理事者も職員も議員も市民も四位一体となって、よりよい堺市を創るために、 一丸となって取り組むことこそが大事なのです。そんな仕事の一翼を担い初心 を忘れず頑張りたいと思います。



 
・定例議会大網質疑
・決算審査委員会・予算審査特別委員会
 


 
・H10年度の決算特別委員会  (教育費)
・子供の幸せは収入だけではない  (文教委員会)
・50人の堺市職員が救命講習受講 (消防費)
・堺市の「講習会での提言」 (文教委員会)
 




 

大毛後援会事務所
〒590−0823 堺市石津北町64番地 クボタ堺労働組合内
TEL(0722)41−1122 
http://www.kprint.sakai.osaka.jp/daimou
E-mailL:daimou@kubota.co.jp
市政だより目次へ戻る